素人ときどき、編集長

高知から発信するまんが雑誌、高知インディーズマガジン編集長のゆるい日常と、雑誌発行奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌絵教室が楽しかった件について

ツイッターやらこのブログやらで散々お知らせしてきた「高知インディーズマガジン×スタジオYOU特別企画 萌絵教室」が9月22日おでかけライブin高知69にて無事終了いたしました。

当日はお天気も良く(だいぶ暑かったですよね)おでかけライブにもたくさんの参加者さんたちが。

2回に分けて開催した教室は1時限目からテーブルは満席、2時限目もテーブルを倍増したにもかかわらずまたもや満席。
本当にたくさんのお嬢様方が参加してくれました。


教室ブースはこんな様子。
おおきなポスター作って頂きました。
卓上用の小さいポップは記念にもらって帰りました。

教室の内容は参加して下さった皆さんとの秘密(笑)ということで割愛しますが、終始楽しくお絵描きできたかなと思います。

あらためて、このようなトンデモ企画にご協力いただいたユウメディアさま、そして教室に参加して下さったお嬢様方に深く感謝いたします。

そしてもっと詳しく漫画を習いたいなと思った人には、こちら!
Dr.正木のまんがラボ
高知市文化プラザかるぽーとで開催される「まんさい」内で行っております。
今年の開催は11月2日3日。
プロの漫画家から直接指導が受けられるチャンス!

もちろん、今回萌絵教室の講師を担当してくれたフジハラサオリもラボ講師として参加しております。

こちらもぜひご参加下さい。


こっから先は少しだけ真面目なお話(読んでも大して面白くはないです)。


ちょっとだけ真面目な話をしますと、地方同人誌即売会では昔に比べて本が少なくなっていると言われています。
もちろん我が高知も例外ではありません。
グッズの製作もコスプレも素晴らしい創作活動だと思います。
正直、見るのも楽しいですしね。グッズも可愛い物が多いし。

ただ、やっぱり私は漫画が好きで、漫画が読みたいなと思うのです。

そしてきっと、描きたいなと思っている人もまだまだいるのではないかと思うのです。

今回の教室では、上手くなりたい、描きたい、と思ってくれている人がたくさんいる事を実感しました。
2時限目はサークルさんも参加できるようにイベント終了後に時間を設定して開催をさせて頂きましたが、講師がホワイトボードの前で説明を始めると、帰り支度の手を止めて注目してくれている人が多数。
「描いていきませんか」と声をかけたら教室に立ち寄ってくれました。

基本的な体の描き方を習いたいと言ってくれたり、教室終了後も講師に居残り授業を頼む人も。
きっかけは萌絵でいいと思うのです。
小難しい理屈をいきなり説明されるより、まずは自分の好きな事から始めれば。
イラストも、漫画も、楽しく描く事が一番です。

まだたった一回しか開催していませんが、今回の教室をきっかけに「薄い本でも出してみようか」「落書き本でも出してみようか」と思ってくれる人が一人でも増えてくれたら嬉しいなと思います。
高知のイベントを薄い本で埋め尽くしてやりましょう(笑)

編集長的には本の作り方教室とかやりたいな〜などとも思っておりますが。
最近のコンビニコピー機は優秀ですからねっ。


久々にがっつり教室担当したので(まんがラボはここ数年は講師の皆様にまるっとお任せなので)くたびれました。疲れがなかなか抜けません(=_=;)
勘が鈍ってたような気もするなぁ…。年かなぁ…。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。