素人ときどき、編集長

高知から発信するまんが雑誌、高知インディーズマガジン編集長のゆるい日常と、雑誌発行奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ間に合う!しまんと漫博!

今週末の予定はお決まりですか?


四万十市で開催されている「しまんと漫博!」がおすすめです。



会場は、四万十市立中央公民館。

四万十市(旧中村市)ゆかりの漫画家さんの作品がズラリと並ぶ漫画原画展。

深夜食堂でおなじみの安倍夜郎先生を始め、井上淳哉先生、森山大輔先生、佐古文男先生らの貴重な原画を見られます。

どれも素晴らしく見応えたっぷりなのですが、
特筆すべきは、井上淳哉先生が手掛けたゲームや映画の制作資料。

ゲームの制作資料ではキャラクターデザインだけでなく、ステージビジュアルなども見られるので、ゲーム関係の仕事を目指す人にもおすすめ。

また、映画「妖怪大戦争」の制作資料では、妖怪の設定イラストが見られます。

しかも、直筆のものがそのまま展示されている!
川姫とスネコスリが可愛かった!

なんて贅沢な。

ちなみに、会場に行くと特製クリアファイルとシールがもらえました。



期間は今月16日まで。
原画だけでなく、単行本や書店用ポップなど、様々なグッズの展示もありました。

ドライブがてらぜひ行ってみてください。

詳しくはこちら↓
しまんと漫博

スポンサーサイト

まんが大学を受講しちゃおう。

2015年2月21日、22日は高知市内で「全国漫画家大会議 in まんが王国・土佐」が開催されます!

漫画家の先生によるトークショーや講演をはじめ、しょこたんミニライブやアニソンBIG3のライブなどが2日間に渡って行われるまんがのイベント。
詳しいイベント内容はこちらから↓
http://mangaoukoku-tosa.jp/mangaka-daikaigi/

特筆すべきはこちら!
2月22日(日)に開講されるまんが大学!

1.ちばてつや先生と里中満智子先生のトークセッションに作品の公開アドバイス(公募は終了しています)
2.魚戸おさむ先生の小中学生向け漫画講座(親子参加OK)
3.安部夜郎先生の漫画家志望者向け短編漫画製作講座

ラインナップがとっても豪華!

個人的には安部先生の短編漫画製作講座がおすすめです。
深夜食堂の作り方をベースに短編漫画の描き方を講演してくださるとのこと。
そこそこ描ける人向けのしっかりとした講座なので、
「ストーリーがまとまらない」
「キャラがうまく作れない」
とお悩みの漫画描きさんはぜひ受講をおすすめします!

申込方法はこちら↓受講の受付は1月30日(金)までですので、お早めに!
http://mangaoukoku-tosa.jp/articles/page.php?ID=1078

竹井友輝マンガ展@須崎まちかどギャラリー

土曜の予定が前日に飛んだので、須崎まちかどギャラリーに「竹井友輝マンガ展」を見に行ってきました。



全国47都道府県の巡回展を作家さんがたった一人で廻っているとか。すごい。

ストーリーマンガの展示とはどのようなものでしょうと興味津々。


こんな感じでした。
ベニヤ板にエアブラシで描かれたマンガを壁一面に組立てて展示しています。

花の兄イ達と近代文学


お城のふもとの高知県立文学館に行ってまいりました。

おめあてはこちら、



1月31日まで開催中の
「近代文学のあけぼの展 自由民権運動と文学」

ポスターや展示のイラストを高知出身の漫画家JETさんが描かれている所も見所のひとつ。
個人的にはこっちの方がメインのような気がしなくも…

しかも!会場では漫画の生原稿をみることもできます!
これは思わぬ拾い物。
線も仕上げもとってもセクシー!
この原稿は観ておいた方がいいですよ。


さて、自由民権運動だ近代文学だというとなにやら小難しそうで、解説なんか読んでてもなんのことやらだったり、教科書に載ってたなくらいにしか思わないかもしれませんが、この企画展の展示は分かりやすくて面白かったんです。

まんさい御来場ありがとうございました

11月2日・3日のまんさいも無事に終了しました。

今年はいつものまんがラボや高知インディーズマガジン原画展示に加えて、巨大ライブドローイングも開催し、地元作家さん達のグッズ販売なども行うなど、盛りだくさんでお届けしました。

そして記録写真を撮るのを忘れました…


物販ブースで販売した中川先生直筆サイン入り単行本。
たくさんご購入いただきました。

他にも2日目には正木先生のサイン本も追加販売。
講師の森田将文先生のイラスト集や、ひのもとめぐる先生の高知のご当地アイドルはちきんガールズ本なども販売しておりまして、こちらもたくさんの方が手に取ってくださいました。
作家さん達の可愛いポストカードやシールなども人気でしたよ。



個人的に思い入れのあるやなせたかし先生ありがとうメッセージのコーナーも大盛況。
写真はほんの一部。
ひとつひとつ見ていると泣いてしまいそうになるので、横目でざっくり見ました。



今年のラボ目玉の正木先生ライブドローイングも盛上がりましたよ。
いの町紙の博物館さんご提供の和紙に、顔料水性ペンというシンプルな画材。

これが大変いい味を出して…


このように仕上がりました。

いやー、スゴすぎます。

撤収前にまんがラボスタッフ皆で記念撮影をして今年のまんさいは終了しました。

ちなみにこの巨大な絵は横山隆一記念まんが館さんがしっかりと保管して下さることに。
もしかしたらどこかでまた日の目を浴びる機会があるかも。


まんさいはもちろん、まんがラボに遊びに来て下さったみなさま、ありがとうございました。

来年もぜひ、遊びに来て下さい。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。