素人ときどき、編集長

高知から発信するまんが雑誌、高知インディーズマガジン編集長のゆるい日常と、雑誌発行奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エニシのハナシ

ちょっと思い出話など。

高知インディーズマガジン第17号に寄稿してくださった、
漫画家の正木秀尚先生に初めてお目にかかったのは
約10年ほど前のことでした。

当時ファウストギャラリーで開催されていた正木先生の原画展を観に行かせてもらったのがきっかけです。

その原画展では漫画家を展示するというコンセプトで、
正木先生が実際に漫画の原稿を描きながら
在廊していらっしゃったので、
漫画原稿の作画作業を見させて頂きながら
直接お話をさせて頂くことができたのでした。

さて、漫画家の先生が原稿を描く姿を見るのはもちろん、
お話しする機会などもなかった若かりし私はそりゃもう浮かれて、
当時計画中だった高知インディーズマガジンの素案についてペラペラと話したのです。

振り返れば、急にそんなコトを言われても困るよねえと思うのですが、
正木先生からは「応援しますよ〜」とやさしい言葉を頂き、
さらに浮かれた若かりし私は、
こんな話をしちゃったんだから次にもしお目にかかる機会があったときに雑誌作りましたと言えるようにならなきゃ!
と決意をして高知インディーズマガジン発行の計画を本格的に始動させたのでした。

正木先生に話をしなかったらもしかしたら高知インディーズマガジンも企画倒れで終わっていたかも…
実際に再び正木先生にお目にかかるのはそれから数年後になるのですが。

そこから現在まで、
漫画のことについていろんなお話を聞かせて頂いたり、
まんさいのまんが教室を一緒にやらせてもらうなど
随分とお世話になりました。


そして今回、
あのとき浮かれて話をさせてもらった高知インディーズマガジンに、
正木先生から寄稿をして頂くという
なんともありがたいご縁につながったわけです。


さらに、寄稿していただいた原稿こそが、
10年前、原画展で正木先生が制作していた漫画原稿だったのです。
正木先生もそうとは知らずに寄稿してくださったんですけれどね。

一人で小さな感慨に耽りながら編集作業をしておりました。


縁とは不思議なものですね。


さて、そんな高知インディーズマガジン第17号はオンラインショップでも販売中です♪
高知インディーズマガジン第17号の詳細はこちらから>>

スポンサーサイト

表紙イラストコンテスト開催中です

6日から横山隆一記念まんが館まんがライブラリーで始まった第8回表紙イラストコンテストを9月7日付高知新聞で紹介して頂きました!



会期は6日~15日まで。
投票用紙に作家さんへのメッセージを書いていただければ、作家さんにお届けします。



昨日は学芸員さんにお手伝いいただいて朝から設営をしました。


5カ国36作品が集まり見応えたっぷり。

ぜひ投票よろしくお願いします。

高知新聞で表紙イラストコンテスト作品募集について紹介されました

2014年6月1日付の高知新聞朝刊11面にて、第8回表紙イラストコンテスト作品募集の紹介をして頂きました。



今年の作品テーマは「Wonderful World」
見る人みんながワクワクするような素敵な世界が詰まった表紙イラストを募集いたします。

『作品応募要項』
作品テーマ「Wonderful World」

サイズ:A4(縦297×横210mm)縦長で描いて下さい。
画材:平面作品であれば画材は問いません。
・データ入稿は原則受付けておりませんので、CG作品は出力したものをお送り下さい。送っていただいた原紙がそのまま展示されます。

その他:上部に雑誌ロゴが入りますので、重要な絵の部分は上部に入らないようお気をつけ下さい。
・本になる際、B5サイズに縮小し、こちらで一部加工させていただく場合がございますのでご了承下さい。
・作品の返却を希望される方は、発送時と同額の切手を貼り、返送先の住所を記入した封筒を同封して下さい。ただし、返却日は作品の再展示日程などの都合で未定となっておりますので、ご了承下さい。

※原稿の裏に、住所・氏名・年齢・性別・電話番号・ペンネームを明記して下さい。

募集締切り: 8月30日(土)必着

募集要項について詳しくはこちらから>>>

今年も世界各国から作品を募集!
みなさまのご参加お待ちしております。

台湾で萌絵教室やってきました〜旅行記編〜

高知インディーズマガジン第15号も入稿が終わりまして、5月1日発行となります。
萌絵教室in台湾のレポート漫画も掲載していますのでお楽しみに!


そんなわけで、思い出しつつ台湾旅行記(ほぼ食べ物)編です。
教室がメインなので観光らしい観光はしておりませんが、台湾楽しんで参りました。

自宅を朝5時に出発して、台湾松山空港に着いたのは現地時間16時。
高知(自宅)→羽田間と羽田→台湾間がほぼ同じ時間ってどうよ。田舎よ。


そんな感じで到着した台湾でまず驚いたのは、トイレットペーパーを流さないこと。
20140301-21.jpg
水洗トイレではあるのですが、でっかいゴミ箱が置いてあってトイレットペーパーはそこへポイするシステム。
うっかり流すと詰まっちゃうらしいですね。

最初は「えっ」と思いましたが、旅行中入ったトイレはどこもきれいで匂いも気になりませんでした。


次にビックリしたのは車の運転が荒い!ということ。
シートベルトをしっかりしておかないと、急ブレーキで吹っ飛びます(マジで)
タクシーもかなり荒い。クラクションもばんばん鳴ってます。かなり怖い。

でもタクシー代が安いしたくさん走っているので、ちょっとした移動手段としても気軽に使えますよ。

台湾で萌絵教室やってきました〜教室編〜

スタジオYOUさんご協力のもと、3月1日に台湾で開催された創作オンリーイベント『ORIGINAL LIFE』にて萌絵教室を開催しました。

台北の大学講堂で開催されたこのイベント。
サークル数は80sp程で、即売会だけでなく私たち萌絵教室の他スイーツデコやアクセサリーのワークショップ、日本の同人誌を立ち読みするコーナーなども開催されていました。

20140301-1.jpg
手作り感たっぷりの案内板が微笑ましい。

20140301-2.jpg
教室のホワイトボードに書かれた顔文字つきの開催案内文。
漢字なので大体何書いてあるか分かりますね。

スタッフの皆さんもとっても暖かく歓迎してくれました。


20140301-3.jpg
教室スペースの脇に高知インディーズマガジンの見本誌や、講師フジハラサオリの作品を展示させて頂きます。

設営のお手伝いをしてくれているピンクのTシャツが可愛いスタッフさんは、教室の通訳も担当してくれたHくんとIさん。
日本語がとってもお上手で、イベント中は大変お世話になりました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。